てんてんじゃけぇ

理想のおうちを求めて、築31年の中古マンションをリノベーション。 自分自身が感じたこと、家族のことをのんびり書いているブログ。

築31年の団地がリノベーションでこんなになったの!? ~リノベーション計画~

 こんにちは、てんてんです。

 今回は『リノベーション計画』についての投稿です。

さあ、物件も決まり、いよいよリノベーションに突入です。

自分自身でぼんやりと何となくリノベーションでやりたいことはわかっています。

が、しかし…

それをインテリアコーディネーターの担当者さんに伝えなければなりません。

そこで、私たち夫婦がやってよかったことをまとめました!

リノベーションのテーマを決める

自分たちがどのようなスタイルでリノベーションを完成させたいか

私たちは【自然】をテーマにしました。

ゴリラさん:「自然って癒されるよね。」

てんてん:「そうじゃね。やっぱり、お家はゆっくりのんびりくつろげるような空間にしたいよね。」

ゴリラさん&てんてん「自然!!リノベーションにテーマをつけて、各スペースを考えていこうや!」

このように、テーマをつけることによって、各スペースから全体の雰囲気を統一することができます。

とりあえずリノベーションでしたいことを書き出す

1日の生活同線を考えることによって、つけたい設備等もみえてくる

  • 時短できるよう、食洗器をつける
  • 室内干しができるよう、天井に室内用吊り下げ物干しをつける
  • 子どもの幼稚園・小学校からのプリントを冷蔵庫に貼らなくていいように、マグネットシートを壁に取り付ける
  • お風呂は浴槽を溜める時間が予約できるもの
  • 結露防止等のために、二重サッシにする
  • 洗面台は造作
  • トイレのドアは引き戸
  • 玄関は広く、自転車が置けるようにしたい
  • 漆喰を自分たちで塗る
  • 壁は一面だけをカラーにする
  • 畳が丘(畳の下に収納できる)をつけたい
  • 明りとりの小窓を壁につけたい
  • 子どもの勉強できる空間に黒板もとりつける
  • リビングは広くする   
  • カフェのような家にしたい                                  etc.

 ご家庭によって、譲れないモノはそれぞれだと思います。こうのように、事前にある程度準備しておくと、打ち合わせがスムーズにいきます。後から後悔しないためにも、書き出して話し合うことは必須です!

f:id:cozyday:20201109162813j:plain

 

次はリノベーション後の各スペースを紹介していきます。